過電流保護協調シミュレーションソフト「M S S V 3 」

オムロン社新製品 過電流継電器 K2OCシリーズ 登録済み!
MSS V3


保護協調シュミレーションソフト「MSS V3」はエンジニアの最強のパートナー


単線結線図作成/過電流保護協調曲線作成支援サービス/保護協調シミュレーション/新しいユーザーサポートとして「V3フォーラム」を開設


値段 180,000円・495,000円・800,000円


単線結線図作成
単線結線図作成 ● ツールバーの機器シンボルをクリックするだけでの単線結線図作成。
● 機器ごとの詳細な情報はマウスクリックだけで入力。
● 機器ごとのインピーダンスデータはあらかじめ一般的な値をご用意。
● シンボルのドラッグ&ドロップやコピー&ペーストによる単線結線図の拡張。
● シンボルの長さ調節機能による高い柔軟性。
● テキストボックスにより、メモ書きなどを単線結線図内に記入可能。
● 遮断器を投入または開放に切替でき、運用のケーススタディが可能。
● 作成した単線結線図はDXF形式でエクスポートでき、汎用CADソフトでの活用が可能。
回路チェック
回路チェック ● 機器同士の接続チェック。
● 三相と単相の接続チェック。
● 回路電圧を自動整合。
● 機器詳細情報の入力値をチェック。
● 低圧遮断器の定格電流と電線・ブスバー・バスダクトのサイズをチェック。
● 低圧遮断器の定格電流と負荷の定格電流をチェック。
● エラーとなった機器は色分けして表示。
インピーダンスマップ
インピーダンスマップ ● 事故点ごとに電源からの合成インピーダンスをIEC60909にそって計算。
● 発電機回路および電動機群回路(寄与電流)のインピーダンスは
IEC 61363−1にそって計算。
● 合成インピーダンスの計算では各種の受電・配電方式に対応。
● 回路の構成は自動的に認識。
● 機器ごとのインピーダンスを基準容量ベースに換算して表示。
短絡電流解析
短絡電流解析 ● 三相回路と単相回路での短絡電流計算が可能。
● 機器の一次側から二次側へ通過する分の短絡電流と二次側での合計の
短絡電流を計算可能。
● 「対称短絡電流実効値」「非対称短絡電流実効値」
「最大非対称短絡電流瞬時値」を出力。
● 短絡電流計算点は任意の場所に設定可能。
● 計算結果は保護協調シミュレーションに引用可能。
● レポートに解析結果を出力。
電圧降下解析
電圧降下解析 ● 「定常時の電圧降下」と「電動機始動時の電圧降下」を計算。
● 定常時では電圧降下計算点での負荷電流と回路力率から電圧降下を計算。
● 電動機始動時では電動機の容量と基底負荷から始動時の最大の電圧降下を計算。
● 電圧降下計算点は任意の場所に設定可能。
● 降下した電圧値と電圧降下率を出力。
● レポートに解析結果を出力。
高調波解析
高調波解析 ● JEAGの「高調波抑制対策技術指針」に準拠した解析を実行。
● 負荷または電動機に高調波発生機器を登録。
● 負荷または電動機ごとに6パルス等価容量容量を出力。
● レポートに登録された高調波発生機器を合算して、高調波流出対策の要否判定を出力。
保護協調シミュレーション
保護協調シミュレーション ● 単線結線図から機器を選択して表示。
● 動作特性曲線は型式・定格・整定値などを設定すれば自動描画。
● 描画後は「←」「→」「+」「ー」ボタンをクリックするだけで整定変更可能。
● 短絡電流解析結果を引用可能。
● 励磁突入電流、電動機始動突入特性、コンデンサ充電電流なども描画可能。
● ユーザー曲線機能により、任意の曲線も描画可能。
● 動作特性曲線データベースは年間サポートサービスで更新可能。
● 作成した保護協調曲線図はDXF形式でエクスポートでき、
汎用CADソフトでの活用が可能。
潮流計算解析
潮流計算解析 ● 負荷、電動機、電動機群、コンデンサに負荷率を入力。
● 計算は「ガウス・デイザル法」「ニュートン・ラプソン法」から選択。
● 系統中の有効電力、無効電力、複素電圧の大きさ、位相角を計算。
● レポートに解析結果を出力。

お申込み、お問い合わせは、
エレックス極東本社・各支店・各ブランチの営業担当者までご連絡ださい。

このページの先頭へ